森の自然倶楽部 イベント一覧(2020年5月~12月)

これからのイベントの予定です。ご参加お待ちしております。
(新型コロナウイルス感染拡大予防のためイベントを中止する場合があります)

イベント一覧(PDF)をダウンロード

開催日 イベント名  応募期限
5月2日(土) 御岳山ロックガーデンで花ハイク ★★ 中止
5月30日(土) 小石川植物園で樹木ウォッチング
(変更しました) ★
中止
7月18日(土) 富士山原生林とお中道の景観と可憐な花々 ★★★ 7月10日(金)
9月20日(日) 陣馬山に涼と花を探すのんびりハイク ★★★ 9月11日(金)
10月7日(水) 箱根に秋の草花を訪ねる ~湯坂路から千条ノ滝へ ★★ 9月30日(水)
11月21日(土) 御岳渓谷紅葉ハイキング ★★ 11月13日(金)
12月12日(土) 富士山、市街地を眺め低山縦走ハイキング ~都留アルプス~ ★★ 12月4日(金)

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

各イベントの詳細・お申込み・お問合せ先は、リンク先をご覧下さい。

詳細は順次掲載してまいります。

計画が変更・中止になる場合もございます。ご了承下さい。
応募期限後は、下記へお問い合わせください。
リンクが未定のイベントは、下記にお申込み・お問合せ下さい。

申込方法:
  Eメールに次の事項をご記入の上お申込み下さい。

   ① 申込みイベント名
   ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
   ③ 代表者の住所・電話番号(自宅および携帯)・メールアドレス
   ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

(ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

申込・問合せ先:森の自然倶楽部

  ・Eメール:mori_no_shizen@yahoo.co.jp

問合せ先:

  ・電話:090-6185-7923 中澤

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2020年4月 6日 (月)

[イベント案内] 小石川植物園で樹木ウォッチング入門(中止)

ダウンロード - flyer2020052.pdf

 

小石川植物園で
樹木ウォッチング入門
 

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

中止

(新型コロナウイルス感染拡大予防のため)

チラシ(PDF)をダウンロード

Img2020052
江戸時代の御薬園のあとにできた小石川植物園には、精子発見のイチョウの大樹が今もそびえています。その他にも歴史ある植物たちが園内のあちこちに点在し、豊かな自然を形作っています。沢山の植物の中から、この季節に花をつける樹木を中心に、木々を訪ね、花を観賞します。初夏の一日、植物と親しみ楽しい時間を過ごしましょう。


2020年30日(土)

■集  合:小石川植物園正門前 10:00

      荒天中止(前日18時頃に連絡します)

■解  散:同上 15時頃

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:5月22日(金)必着

■参 加 費:1,000円(他に入園料500円) 

■装  備:歩きやすい靴・弁当・飲み物・敷物・雨具・帽子・筆記用具・健康保険証
     (双眼鏡があると高い樹の上が見やすくなります)

■申込方法:Eメールに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「小石川植物園で樹木ウォッチング」
  ② 応募者全員の 氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の 住所・電話番号(自宅及び携帯)・Eメールアドレス(あれば)
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

■問合せ・当日連絡先 : 山本 📱090-6014-7964

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2020年3月17日 (火)

[イベント案内] 御岳山ロックガーデンで花ハイク(中止)

御岳山ロックガーデンで
花ハイク
 ★★

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

中止

(新型コロナウイルス感染拡大予防のため)

  チラシ(PDF)をダウンロード

 

Photo1御岳山のケーブルカーで御岳山駅まで登り、ロックガーデンを歩きましょう。スミレやニリンソウなどの春の花の名残りを愛で、ツツジ・シロヤシオなどの初夏の花を楽しみながら歩きます。
御岳山はカエデ類も多く、美しい新緑が楽しめます。
標高差170m、歩行距離約5.6kmの花ハイクです。


2020年日(土)

■集  合:JR青梅線 御嶽駅 9:00

      荒天中止(前日18時頃に連絡します)

■解  散:ケーブル御岳山駅(山上) 16時頃

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:4月24日(金)必着

■参 加 費:2,000円(別途、御嶽駅からのバス代+ケーブルカー代1,780円(往復)) 

■服  装:山歩きのできる服装と軽登山靴(スニーカー不可)

■持 ち 物: 昼食・飲み物・雨具・帽子・ ビニールシート・健康保険証・筆記具、双眼鏡(あれば)

■申込方法:Eメールまたは往復はがきに以下①~⑤をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「御岳山で花ハイク」
  ② 郵便番号・住所
  ③ 応募者全員の氏名・年齢・性別
  ④ 電話番号(ご自宅及び携帯電話(あれば))
  ⑤ Eメールアドレス(あれば)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒155-0033 世田谷区代田2-24-2 岡本方 森の自然倶楽部

■問合せ・当日連絡先 : 岡本 📱080-5863-5411(当日連絡も同じ)

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2020年2月27日 (木)

[イベント案内] 春の棒ノ嶺 沢登りと春の花々

春の棒ノ嶺 沢登りと春の花々 ★★★

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

中止

(新型コロナウイルス感染拡大防止のため)

チラシをダウンロード

秩父の山々を180度パノラマで眺めることの出来る棒ノ嶺(棒ノ折山)。埼玉県で最も美しいと言われる白谷沢沿いを登りながら、イワウチワ、カタクリ、コチャルメルソウ、ハナネコノメ等早春の花を観察しましょう。途中にはゴルジュと言われる、岩の切り立った狭い渓谷もあり、ちょっとした沢登り気分を味わうことも出来ます。楽しみながら山頂を目指しましょう!その後は滝ノ平尾根を、さわらびの湯まで下ります。
(山頂標高969m、標高差 約700m、距離 約8.4km、健脚者向け)


Nounorei202004

2020年日(土)

■集  合:西武池袋線 飯能駅改札前 8:15

      受付開始8:008:30名郷行きバス乗車)

       (雨天中止の場合は前日19時頃までに連絡致します)

■解  散:さわらびの湯バス停(東飯能駅・飯能駅行き) 16時頃

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:3月27日(金)必着

■参 加 費:2,000円(保険代金含む)別途バス代 片道630

■服  装:山歩きのできる服装と軽登山靴(スニーカー不可)

■持 ち 物: 昼食・行動食・飲み物・帽子・雨具・懐中電灯・健康保険証・
      防寒具・筆記具・双眼鏡とルーペ(あれば)

■申込方法:Eメールまたは往復はがきに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「花の棒ノ嶺」
  ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の郵便番号・住所・電話番号(自宅及び携帯)・E メールアドレス
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒120-0072 足立区保塚町2-21  小野方 森の自然倶楽部

■問合せ・当日連絡先 : 小野 梨香 📱090-9845-2651(当日連絡も同じ)

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2020年2月12日 (水)

【活動報告】水元公園で野鳥観察入門 ~冬の水鳥と森の野鳥たち~

開催日:2020年29日(日)
場 所:江戸川~水元公園

暖冬といわれる日が続いていましたが、一転して寒い日となりました。金町駅に集合、近くの団地前広場で開会式を行い、3班に別れて出発しました。住宅街を歩き、江戸川の土手に上がると冷たい風が吹き付けます。強風にもかかわらず、タヒバリが飛び、カワラヒワの群れやツグミ、モズがいました。

桜堤通りから、水元公園に入ります。この公園は、江戸時代に近隣50町村の用水確保や水害防止のために設けられた遊水地(小合溜(こあいため))を中心に広場や草原、葦原、森が広がります。人々の水源となっていたため、水元と呼ばれるようになったそうです。

ごんぱち池では、アオサギ、コサギ、ダイサギ、オオバン、ハシビロガモや、カワウが羽を広げ乾かしている様子などを観察しました。アオサギが飛び立つとその飛翔の姿に「大きくて飛び方も素敵ね~。」との歓声が上がります。園内のニホンズイセンの花と香りを楽しみながら、水辺の生き物館で小休憩の後、小合溜に向かいます。

その途中のせせらぎの対岸の木の枝に、カワセミが瑠璃色の羽を輝かせて止まっていました。陽の当たり方が最適で、まさに翡翠(ひすい)の輝き、参加者からも「まるで、宝石ね~。」の声が。その美しさに見とれていると、いきなり急降下して小魚を捕らえました。

小合溜南岸広場の風当たりのなるべく少ないところで昼食としました。昼食後は、小合溜の水鳥を観察。小合溜は風で波立ち、まるで海のようです。水鳥たちも波の高いところを避け、ぷかぷかと浮いていました。ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモなどがいました。カイツブリやカンムリカイツブリは、浮いたり潜ったりで観察するのも一苦労。ヒドリガモの群れが陸に上がり、間近で餌を啄んでいる姿に参加者は大喜びでした。

水元大橋を渡り、樹木が多い地区に入ります。ロウバイの黄色い花が香っています。葦原では、シジュウカラの群れが葦の中と地面を行ったり来たりしてよく観察できました。近くのハンノキには、シメもやってきました。アカハラも地面をつついている様子を観察しました。

メタセコイヤの森を抜け、バードウォチングの森へ入ります。キクイタダキを見つけましたが、木の枝の茂みをチョンチョンと飛び回りじっとしてくれません。ただ、長い間いてくれたので、見やすいところに出た姿を観察することができました。参加者も「初めて見た、可愛い~。」と大喜びです。

ポプラ並木付近の小合溜でバンを観察し、その後カワセミの里ふれあいルームへ行き小休憩後、振りかえりと鳥合わせをしました。観察した鳥の数は、46種でした。寒い一日でしたが、参加者は、鳥を観察するうちに夢中になってテンションが上がり、寒さを吹っ飛ばしたようでした。参加者は、「いろいろな鳥を観察することができて楽しかった。」と、満足の笑顔でした。

これから出発
Photo_20200212085201

江戸川で鳥を探す
Photo_20200212085301

ごんぱち池で水鳥を観察
Photo_20200212085302

カワセミ
Photo_20200212085303

はす池で水鳥を観察
Photo_20200212085304

ヒドリガモ
Photo_20200212085305  

参加者: 26
スタッフ:中澤、山本、小野、安久、吉原、サポート1名

2020年1月15日 (水)

【活動報告】 陣馬山 陽だまりハイク

【開催日】2020年1月11日(土)

【場所】和田~陣馬山~陣馬山登山口

朝から晴れの予報に反して、集合場所の藤野駅までの車中からは少しどんよりした曇り空、京王線の遅れなども重なり、少し心配しました。お願いしておいた増発の路線バスで登山口の和田バス停に到着する頃には、お日様も顔を出してくれました。近くの空き地で挨拶とウォーミングアップ体操をして4班に分かれて出発しました。

登山道に入ると、ジャノヒゲの青い実、コウヤボウキ・カシワバハグマの綿毛の実、オケラの魚の骨の様な苞葉、クロモジの冬芽など、冬山ならではの植物の様子を観察しながら標高を上げました。途中、コナラなどがすっかり枯れ葉を落として明るくなった森の中に陽射しが注ぎ、タイトル通りの陽だまりハイクとなりました。

一ノ尾尾根に到達した所で休憩後、さらに山頂を目指しました。山頂付近にシモバシラ(氷華)のポイントがあるのですが、この日は気温が高く、残念ながら観察することは出来ませんでした。代わりに下見で撮影したまさに花のようなシモバシラの写真を見ていただきました。

最後に急な階段を上って息を切らせながら山頂に到着、360度の展望が開けました。高尾山、丹沢山系、富士山、南アルプスの赤石岳・悪沢岳の白い峰々、大菩薩嶺、生藤山、大岳山など、名だたる名山が見渡せました。残念ながら富士山には雲が掛かり、山頂が隠れていましたが、昼食中にわずかな時間ですが山頂を見せてくれました。

昼食後は一ノ尾尾根を下山、和田の分岐までは同じ道を戻ります。その先は、陽射しの注ぐ緩い下りの道で、陽だまりハイクそのもです。途中、カンアオイの花、ヤブコウジの赤い実など観察しながらほぼ時間通り陣馬山登山口バス停に到着できました。

バス停でアンケートを書いていただき、予定通りのバスで藤野駅まで戻り、流れ解散となりました。参加者からは「気持ちのいい陽だまりハイクが出来てしあわせでした」、「カンアオイの花が見られて良かった」など好評を得ました。

はじめの会でご挨拶
1_20200115150301

ウォーミングアップ
12

ジャノヒゲの青い実を観察
2_20200115150301

登山道から和田の里山
22100

落ち葉を踏みしめて上る
3_20200115150301

一ノ尾尾根に到達して休憩
4_20200115150301

陣馬山山頂到着 富士山には雲が掛かる
51

白馬の前で記念撮影(中澤班)
5_20200115150301

吉原班
52

高橋班
53

カンアオイの観察
62

カンアオイの花を撮影
6_20200115150301

一ノ尾尾根を下る(岡本班)
7_20200115151001

【スタッフ】岡本、吉原、高橋、中澤

【参加人数】27名

2020年1月12日 (日)

[イベント案内] 早春の花と官ノ倉山ハイキング(中止)

早春の花と官ノ倉山ハイキング  ★★

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

中止

(新型コロナウイルス感染拡大予防のため)

チラシ(PDF)をダウンロード

Photo_20200112183001官ノ倉山は標高344mの低山でありながら稜線で結ばれている石尊山とともに堂平山、笠山などの奥武蔵の山々の眺望抜群の山です。途中には埼玉県最大級の規模の方墳である穴八幡古墳も見ることができます。武蔵の小京都ともいわれる小川町から早春の草花やヤマザクラを眺めながら約9kmのハイキングを楽しみます。

2020年21日(土)

■集  合:東武東上線小川町駅  9:30

       (雨天中止の場合は前日19時頃までに連絡致します)

■解  散:東武東上線東武竹沢駅 15:30頃

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:3月13日(金)必着

■参 加 費:2,000円

■装  備:山歩きのできる服装と軽登山靴(スニーカー不可)、昼食・飲み物・雨具・
     帽子・健康保険証・筆記具・双眼鏡(あれば)

■申込方法:Eメールまたは往復はがきに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「「官ノ倉山ハイキング」
  ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の郵便番号・住所・電話番号(自宅及び携帯)・E メールアドレス
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒336-0027 さいたま市南区沼影2‐12-1-1201 水木方 森の自然倶楽部

■問合せ・当日連絡先 : 水木 稔 📱090-6920-7975

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2019年12月27日 (金)

【活動報告】 紅葉の古都鎌倉ハイキング ~浄智寺・化粧坂・銭洗い弁財天~

【開催日】2019年12月10日(火)

【開催場所】鎌倉

 前日の予報ではまだ雨が残りそうな天気でしたが、北鎌倉を出発する時には雨はやんで、時折日が差す薄曇りの天気の中での観察会となりました。鎌倉尼の一つ、駆け込み寺で有名な東慶寺、鎌倉五山の浄智寺では、植物観察だけでなく、歴史や仏様、お墓の説明と幅広い話題をお伝えしました。
 葛原岡ハイキングルートが台風の影響で通行禁止になっていたため、亀ヶ谷坂ルートに変更して、市街地も通るハイキングコースとなりました。鎌倉七切通しの一つで今もその風情を残す化粧坂を上って源氏山公園へ、その後銭洗弁天で小銭を清めて、49の鳥居が並ぶ佐助稲荷を経て鎌倉駅で解散となりました。
 下見の時にはまだ青々としていたカエデも、本番では紅葉が楽しめ、参加者の皆さんの「綺麗ね~」という声が上がっていました。

朝のごあいさつと今日の予定について
2_20191227110301

サネカズラの説明
5_20191227110301

さざれ石の話
6_20191227110301

佐助稲荷神社鳥居の前で記念撮影
10

 

【スタッフ】杉山、山本、中澤、岡本、水木

【参加人数】31名

2019年12月20日 (金)

[イベント案内] 水元公園で野鳥観察入門 ~冬の水鳥と森の小鳥たち~

水元公園で  野鳥観察入門 

~冬の水鳥と森の小鳥たち~ 

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

募集終了  チラシ(PDF)をダウンロード

 

Kinkuro 水元公園は都内最大の水郷公園で、湖沼や葦原、森林、草原など多様な環境があり、冬には多くの野鳥たちが集まって来ます。用水池では多くのカモ類など水鳥を、森の中ではカラ類など小鳥を探します。双眼鏡の正しい使い方や野鳥の観察の仕方など、バードウォッチングの基本を学びながら、冬の野鳥たちを楽しみましょう。平坦な公園内を6km程歩きます

2020年29日(日)

■集  合:JR常磐線 金町駅  9:30

       (雨天・荒天中止:中止の場合は前日18時頃に連絡します)

■解  散:水元5丁目バス停 15:30頃(金町駅行バス乗車可)

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:2月1日(土)必着

■参 加 費:1,000円

■装  備:昼食・飲み物・帽子・雨具・防寒具・筆記具・健康保険証 、

       双眼鏡(あれば)

■申込方法:Eメールに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「水元公園で野鳥観察入門」
  ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の郵便番号・住所・電話番号(自宅及び携帯)・E メールアドレス
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒216-0007 川崎市宮前区小台2-19-2-206 中澤

■問合せ・当日連絡先 : 中澤 📱090-6185-7923

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2019年11月20日 (水)

[イベント案内]  陣馬山 陽だまりハイク

陣馬山 陽だまりハイク ★★★

ランク :公園・里山歩き ★★:ハイキング ★★★:登山

募集終了  チラシ(PDF)をダウンロード

Image002_20191120074101素晴らしい展望で人気の陣馬山、冬のすっきりとして気持ちの良い陽だまりの林を歩きます。頂上では大きな富士山が待っていてくれるでしょう。この季節でしか見ることのできない氷の華も見られるかもしれません。高低差650m(登り490m)、距離9kmの緩やかな陽だまりの尾根をのんびり歩きます。

2020年111日(土)

■集  合:JR中央本線 藤野駅改札前 9:05

       (9:15発和田行きのバスに乗車します)

       (雨天中止:中止の場合は前日18時頃に連絡します)

■解  散:同上  15:30頃(時間は変動することがあります)

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:1月3日(金)必着

■参 加 費:2,000円(別途バス代260円)

■装  備:昼食・行動食・飲み物・帽子・雨具・懐中電灯・健康保険証、

       防寒具、双眼鏡とルーペ(あれば)

■申込方法:Eメールあるいは往復はがきに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「陣馬山 陽だまりハイク
  ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の郵便番号・住所・電話番号(自宅及び携帯)・E メールアドレス
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒155-0033 世田谷区代田2-24-2 岡本方 森の自然倶楽部事務局

■問合せ・当日連絡先 : 岡本 📱080-5863-5411

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

2019年10月31日 (木)

[イベント案内] 紅葉の古都鎌倉ハイキング ~浄智寺・化粧坂・銭洗い弁財天~

紅葉の古都鎌倉ハイキング ★★

~浄智寺・化粧坂・銭洗い弁財天~

募集終了  チラシ(PDF)をダウンロード

 

Img201912鎌倉の古刹や歴史ある名所などを彩る紅葉の美しさは、訪れた人を魅了します。まず鎌倉五山の一つ浄智寺では境内の伽藍越しの紅葉を鑑賞します。そのあと鎌倉街道を歩いて古道の化粧坂へ。露出した岩肌と紅葉の対比を楽しみながら坂を登り、源頼朝像のある源氏山公園を訪ね、紅葉を楽しみながら休憩。そして銭洗い弁財天に。境内に湧く水でお札や硬貨を洗うと何倍にも増えるとの信仰があります。
行程は約5キロ。コースで見られる多くの植物を森林インストラクターがやさしく解説する楽しいウォーキングです。

2019年1210日(火)

■集  合:JR北鎌倉駅 東口改札出たところ 9:30

       (雨天中止:中止の場合は前日19時頃までに連絡します)

■解  散:JR鎌倉駅  15:30頃

■募集人数:30名(応募者多数の場合は抽選)

■応募締切:12月2日(月)必着

■参 加 費:2,000円(別途拝観料 浄智寺200円)

■装  備:山歩き用の靴着用、昼食・飲み物(スポーツドリンク推奨)・敷物・筆記用具・

      帽子・雨具・軽い防寒着(セーター等)・健康保険証

■申込方法:Eメールあるいは往復はがきに以下①~④をご記入の上お申し込み下さい。

  ① イベント名「紅葉の古都鎌倉ハイキング
  ② 応募者全員の氏名(ふりがな)・年齢・性別
  ③ 代表者の郵便番号・住所・電話番号(自宅及び携帯)・E メールアドレス
  ④ このイベントを知った媒体(新聞名やサイト名など)

 (ご提供いただいた個人情報は、お申込みイベントにかかわる連絡及び今後のイベント案内の送付にのみ使用します)

■申 込 先 : Eメール mori_no_shizen@yahoo.co.jp 森の自然倶楽部事務局

        往復はがき:〒156-0045 世田谷区桜上水3-21-2 水野重満

■問合せ・当日連絡先 : 水野 📱090-2405-2117

===================================
主催・実施:森林インストラクター東京会所属 森の自然倶楽部

«【活動報告】秋色の竹寺・子の権現を訪ねて~奥武蔵と中秋の花を楽しむ